毎日エンタメ

毎日必ず触れている新しいエンタメコンテンツの備忘録

SUIKEN『SCORE』

f:id:sorena-sorena:20180207182802j:plain

 発売日:2002年3月20日
レーベル:ソニー・ミュージックレーベルズ

<収録曲>
1. BIO
2. DUB
3. 頭振 視聴する
4. 1.2 PUNCH (Feat. BIGZAM)
5. FIRSTCLASS TRADER
6. ミチ(01 TO 02 MIX)
7. カンバン(ONE)
8. GOSUEENU(SKIT)
9. THE LIGHTS(VACA)
10. 天(ゼンゼンテン)
11. 後(ノチ)
12. APOLO

★オススメ曲

 

SUIKENの2ndアルバム。
高校1年の時に友達に勧められて日本語ラップに初めて触れた個人的に思い出の1枚。
今気づいたけどソニーから出ていたということでメジャー作品だったのね。
まずシングルとなっていた「未知 / 道2」(アルバムでは1曲にまとめて「ミチ(01 TO 02 MIX)」となっている。)を聴いてほしいですね。自分はこれに食らってアルバムを購入しました。

 


SUIKEN 未知/道2

「未知で充ち満ちた道で生きよう 生きてえ / 未知で充ち満ちた道で生きよう 生きてえ」(未知)
「ベイベ オメエのせいでこのオレが冷静じゃいらんねえぜ / 天然 養殖じゃねえぜ 1000年Coolじゃ 足んねえぜ」(道2)
この2つのフックが最高にかっこいい。YAKKOのトラックもまさにこの時代のNITRO界隈を象徴するようなキャッチーで冷たい感じでめちゃクール。
アルバムの客演は同じNITROのBIGZAMのみでキレッキレのSUIKENのラップがたっぷり堪能出来ます。
SUIKENはまず声質がかっこいいし、フロウに彼ならではの独特のうねりやリズム感があって、若い頃から可愛がってくれていたであろうDEV LARGEの影響とかもあるのかなぁと。(別に2人のフロウがに似ているということではなく)
レーベルヘッドでありブッダの曲にも若い頃に参加していたりとDEV LARGEは昔から兄貴という存在でしょうか。
SUIKENの1st ALBUM『SUIKEN Presents Sixteen Stars』のM16「ALKMAN」ではDEV LARGEが最高のトラックを提供しているのでそちらもオススメ。
 


SUIKEN ALKMAN

 
この人は造語や言葉の並べ方も独特過ぎてこの時点でも唯一無二感がすごい。
リリックに意味が無さそうで実は語感だけで言葉を置いてるわけじゃなく、痺れるフレーズが満載。
メッセージがあるというよりは1つの"かっこよさ=スタイル"を提示してる。
 
今聴くとMIXとかトラックの雰囲気に当然時代を感じるけど、1つ確立された時代だったと思う。
このSUIKENをキッカケにNITROに行き、そのまま日本語ラップの世界に入っていくのでした。
 

 

SCORE

SCORE